« ⑨´「MAUVE」MIKI fr CREOLE(1994)CDミニアルバム | トップページ | 25番 「フライデー・ナイト・ファンタジー」 ピエール・ポルト・オーケストラ(1994)CDアルバム »

2009-05-12

インデックス

ようこそ「トンバパ祭り」へ。

Fi2600844_2e

このブログは1986年の名曲「T'EN VA PAS(トンバパ)」(「哀しみのアダージョ」、「彼と彼女のソネット」あるいは「哀愁のアダージョ」の別名あり)にまつわるエトセトラをまとめたもの。2006年7月時点で、とりあえずネタがなくなったため一旦終了。その後も閉じられてはいない。何かネタがあれば随時復活しないとも限らない。


たかだか30本くらいの記事数でインデックスもないだろ、とも思ったが一応。

特に書いてあるもの以外は、CDアルバム。

「T'EN VA PAS」 ELSAフランス盤7インチアナログ [1986.2.1]ヴォーカルとインスト
「哀しみのアダージョ」 ELSA日本盤7インチアナログ [1987.5.21]内容は①と同じ
「彼と彼女のソネット」原田知世後藤次利アレンジの7インチアナログ [1987.7.1]
「Schmatz」原田知世 [1987.7.29] ③のリミックス収録
「星の涙」富沢聖子 [1987.8.21] 日本語版のカヴァー。
「From T」原田知世 [1987.11.28] ③を収録したベスト。
「ピュア・ドロップス」大貫妙子 [1991.6.21] これはベスト。大貫版「彼と彼女のソネット」初出アルバム「A Slice of Life」は[1987.10.5]リリースなので、順番としては⑥になる。
「カコ」原田知世 [1994.2.18] 鈴木慶一アレンジ。仏語カヴァー。
「彼と彼女のソネット」クレオール [1994.2.18] ⑧と同日発売!
「シャントン・ラ・ムール」ナタリー [1994.2.21] ネタとしては面白い。音的には・・・。
⑩´「哀愁のアダージョ」ナタリー 8cmCDシングル[1994.2.21] ⑩と同じ内容。
「哀しみのアダージョ」エルザ8cmCDシングル [1994.5.25] ①と同じ内容。
「悲しみのヴァイオリン」サントラ [1994.6.22] ①より1分以上長いロング・ヴァージョン、①と同じインスト、そして「T'EN VA PAS(Disco Mix)」収録。
「フレンチ・リップス」V.A. [1994.7.21] 「彼と彼女のソネット」を歌うのはT. YUMIさん。
「T'EN VA PAS」原田知世8cmCDシングル [1994.7.21] ⑧と同じ仏語ヴァージョンに加え、日本語ヴァージョンとカラオケを収録。
「エッグ・シェル」原田知世 [1995.1.20] ⑧収録の「T'EN VA PAS」リミックスを収録。
「ピュア・アコースティック」大貫妙子 [1996.11.29] 唯一の日本語ライブ盤。
「FLOWERS」原田知世 [1997.9.18] 「T'EN VA PAS (Tambourine Mix Version)」収録のベスト盤。
「不意打ち」宮村優子 [1997.9.22] 声優さんによるカヴァー。
「哀しみのアダージョ~ベスト・オブ・エルザ」エルザ [1997.11.21] ⑫と同じロング・ヴァージョン、英語版「Papa please don't go」(初出は1987年のシングル)、「T'EN VA PAS (1997 Remix Version)」の3ヴァージョンを収録。
「flavor」長谷川恵里 [2002.12.11] 一番辛いかも。
21「ウィスパーズ・ザ・ファイネスト・ソングス・オン・ボサノヴァ(ザ・ベスト・オブ・ソニア)」ソニア [2004.12.22] ベスト盤。「T'EN VA PAS」の初出は2002年7月(⑳の前)。
22「THE NEVER ENDING STORY」坂本美雨マキシシングル [2005.11.16]
23「connexion live」elsa [2006.4.10] エルザのライブ!
24「Pure Voice ~J-COVER~」V.A. [2008.1.16] 一十三十一による最新日本語カヴァー。


登場回数は、原田知世が7回でトップ、エルザが6回、大貫妙子2回、残りは全部違うアーティストであった。日本で絶大な人気を誇るこの曲、絶対フランスでもカヴァーしてる人がいると思うが、私は知らない。情報をお持ちの方、教えてください。


番外編
映画「悲しみのヴァイオリン」ビデオとパンフを紹介。
「T'EN VA PAS」ビデオクリップなど
他、いろいろ。
それじゃ、Au revoir!





« ⑨´「MAUVE」MIKI fr CREOLE(1994)CDミニアルバム | トップページ | 25番 「フライデー・ナイト・ファンタジー」 ピエール・ポルト・オーケストラ(1994)CDアルバム »

コメント

はじめまして。ドンパパを検索していたら、偶然こちらを発見いたしました。しかしすごい所有量ですねー!羨ましいです^^この曲最高に好きです。というより、知世ちゃんも好きですが^^;

投稿: にじばぶ | 2007-04-29 01:56

こんにちは。自分でもどうしてこんなに集めてしまったのか疑問です(笑)はっきり言えば、オリジナルと知世ちゃん、あと大貫さんがあれば十分です。あとは坂本さんところの娘さんがまあまあで、他はよほどのモノ好きでなければ、わざわざ買うほどではないですね。しかし、知世ちゃんはいつまでもキレイですよねえ。

投稿: nakamura8cm | 2007-04-30 00:16

はじめまして。私も検索で飛んできた者です。今日お昼休みのランチの時に、いきなりサビの歌詞から入るトンバパ(フランス語)が耳に入ってきました。「彼と彼女のソネット」しか聞いた事がなかったので知世さんのトンバパをネット試聴してみたのですが、違うみたいで。あれは日本人の発音じゃない気がしました。エルザのは家にあります。新鮮に聞こえたので誰がカヴァーしてるのかめっちゃ気になってます・・・。

投稿: aya | 2007-05-10 22:38

こんにちは。それはおそらくソニアのヴァージョンですね。インデックスの21番にリンクありますので参照してください。ソニアはヴォーカリストの名前ではなく、バンド名です。サビから始まるのは私の知る限りこのヴァージョンしかないので、間違いないと思います。

投稿: nakamura8cm | 2007-05-11 21:58

こんばんは。早々のレス、ありがとうございます!(_ _)21番、すっかり見落としておりました。(汗)流石は「トンバパ祭り」!! nakamura8cm さん、感謝!!!です\(*T▽T*)/

投稿: aya | 2007-05-12 03:40

nakamura8cmさん、はじめまして。こんばんわ。トンパパで検索すると、ここたびたび見てました。初コメントです。しかし、こんなにカバーされてる曲も凄いですよね。私が持ってるのは原田知世さんのトーレ盤と坂本美雨さんのだけです。「カコ」ヴァージョン、聞きたいなぁ。廃盤なんですか?邦題が「悲しみのアダージョ」って演歌みたいだなぁ(笑)。オリジナル盤は持ってないので、YouTubeでPV見てます。ジェーン・バーキンと共演した映画のシーンを使ったやつみたいですね。ベスト買えばいいけど、マキシで再発してくれればいいのになぁ。

投稿: マカロン | 2007-09-02 18:17

こんばんは~「カコ」も「トンバパ」8cmシングルも、さほどレアではないので、その気になれば中古で探せるはずですよ。今はネットショッピングもあるし。「トンバパ」がお好きでしたら、同じアレンジで日本語版も聴けるシングルのほうがお薦めです。でも「カコ」もとってもいいアルバムです。

投稿: nakamura8cm | 2007-09-04 23:23

はじめまして 
トンバパからここに辿りつきました。
『文学ト云フ事』という94年のフジテレビの深夜枠のとても印象深い番組で、この曲が使われていたがきっかけで、この曲を聴くようになりました。
nakamuraさんは番組のことをごぞんじでしたか?

http://www.youtube.com/watch?v=HjQ0h-Qfe1c&feature=related


最近原田知世さんが87年にカヴァーしていたことを知りました。94年前後にCMなどによってヒットしたので、知世さんも7年越しでとても喜んでいたのでは、と想像しています。

大貫さんや知世さん、坂本さんヴァージョンも持っていますが、nakamuraさんにはとうていかなわなず、ただただうらやましいばかりです。最近宮村優子さんのヴァージョンを聴いて、また感慨にふけっています。アップルのネットストアで検索してもフランス人のカヴァーしかヒットしませんでした。私もnakamuraさんのようにコレクトしようかなあ。

この曲はカヴァーの数がすごいですよね。名曲なんだと思います。作曲者に敬意を感じます。

投稿: | 2009-08-14 21:19

ココログに移動してから、初コメントありがとうございます。(以前はDoblogだったんです)

「文學ト云フ事」についてはこのブログのコメント欄でも以前話題になったような気がします。井出薫さんが美しかったですよね。ご紹介いただいた動画では大貫ヴァージョンが使用されていますが、レギュラーでは知世ヴァージョンでした。

上のほうにも書きましたが、知世・大貫・坂本をお持ちなら、あと「ベスト・オブ・エルザ」を手に入れれば、あとは音楽的にはどーでもいいかもしれません(笑)

投稿: nakamura8cm | 2009-08-19 22:13

どうも、初めまして。
名曲だから歌い継がれるのか、歌い継がれるから名曲になるのか、やっぱ、何度聴いてもいいなあと思ってしまう曲ですね。
昨年、知世さんの25周年ライブで、大貫妙子さんと知世さんデュエットの「彼と彼女…」を聴いた時にゃー、もうー、もうー……、大感激でした。
ところで、こんな曲を作曲したRomano Musumarraってどんな人かと思って略歴を見たら、イタリアのローマ生まれ。
で、ボッテガ・デラルテ(La Bottega dell'Arte)のメンバーだったんですね。
公式サイト:http://www.romanomusumarra.net/
You Tubeでボッテガをのぞいたら、イ・プーをもっとソフトにしてラヴ・ロックっぽくした感じで、ちょっと照れちゃう気もします。(おれはイ・プーよりPFMが好きでした。)
1984年、グループ解散後、フランスにも進出。それが1986年の映画「悲しみのバイオリン」の音楽制作へ、そしてトンバパにつながったようです。
公式サイトを見ると、セリーヌ・ディオンやシルヴィー・バルタン、レイ・チャールズ、それから三大テノールのパヴァロッティなんかにも曲を書いているようです。
ブログ中にも触れられていた中森明菜さんのカバーもありました。「Cross My Palm」(1987年)収録の
MODERN WOMAN (FEMME D' AUJOURD' HUI)。
たぶんこの曲の作詞者でもあるJeanne Masが歌っていたんじゃないでしょうか。
ちなみにJeanne Masは、Musumarraとけっこう組んで作品を発表しているのですが、彼女がわがままを言ってけんか別れしたという噂もあるようです。
(またちなみに、仏語が原曲(たぶん)のこの曲は英語で明菜さんに歌われています。その英語詞はLinda Hennrickで、知世さんの「空と糸」を作詞した方です。)
あと、Musumarraは石井明美さんの1986年のヒット「Cha-Cha-Cha」のB面の「愛は嵐」も作曲していました。
ちらっと試聴してみたんですが、凡庸な曲のように感じてしまいました。
が、日本人好みのいわゆる哀愁のようなのがあって、そのあたりがトンバパにもつながっているのかもしれないなあと思わせられました。

投稿: porepore。 | 2009-09-11 13:49

うお~濃いコメントありがとうございます!
知世さんのファンサイトをやってらっしゃるんですね。美しいサイトですね~
知世さんと大貫さんのデュエット!いいなあ。

ムスマラの詳細情報もありがとうございます。
レイ・チャールズは意外ですねえ(笑)

投稿: nakamura8cm | 2009-09-14 13:45

nakamura8cm様。でましたよ。去年2012年のプリシラ・アーンっていう、何だかなーって音のやつに、哀愁のアダージョありましたよ。エコー処理が気持ち悪いのとコーラスの絡み方が残念。うちらもいろいろパクリとかいわれても、オリジナルの素晴らしさ、リスペクトしてのことですからねー。ナタリーは発音だ、歌詞が変とか、フランス語もしゃべれない人とかに随分たたかれたので、古内東子カバーん時は、現地のライターと組んだの思い出した。ナタリーはいま実際フランスの方と結婚、パリで可愛い娘たちと暮らしながら音楽たまにやってるのかな。完全にパリの人。考えてみたらジェーン・バーキンだってイギリス人だけど、住んだからフレンチ・アイコンになったわけだし。ま、雪で変な時間におきたんでくだらないことかいてしまいました。

投稿: gitane | 2013-01-15 02:39

どうも!こちらにまで、ありがとうございます。
プリシラ、そういえば昨年買ってました。
あとふたつほど音盤化されてるネタもあるのですが、なかなか別館まで手が回らない状況です・・・でもいつか必ず。

ナタリーさん情報もありがとうございます!
プロデューサーのジタンさんからコメントいただけて光栄です。
かつてエルザの日本盤7インチに解説を書かれた入江たのしさんから裏話的コメントいただいたのを思い出しました。

投稿: nakamura8cm | 2013-01-16 00:37

気になるから、その二つ、名前だけでもはやくしりたいですー。まじ、気になるー。(笑)

投稿: gitane | 2013-01-16 10:07

こんなところジタンさん以外誰も見てなさそうなので白状しちゃいますと…いや、やっぱ止めときます(笑)

投稿: nakamura8cm | 2013-01-16 23:07

いやみんなみてるかもね( 笑 )そういえばスカンチのキーボードやってた小川さんもトンバパなら絶対購入してるらしい。しかし今回はひっぱるなー。白状してよー。

投稿: gitane | 2013-01-21 03:06

はい、ひとつ書きました!4年ぶりです。
ピエール・ポルト。
邦題「哀愁の~」ですが、これはジタンさん関わってないですよね?

投稿: nakamura8cm | 2013-01-21 22:14

フレンチ・リップスで歌ってもらったの寺尾友美さんって言う人でした。最近のカバー情報そろそろ出しましょうよ笑

投稿: gitane | 2013-07-09 01:29

寺尾友美さん!情報ありがとうございます。
まったく知りませんでしたが、ちゃんとシングル5枚も出したアイドルなんですね~
はい、がんばります!

投稿: nakamura8cm | 2013-07-18 00:48

nakamuraさん、急に思い出したのですがZABADAKというグループの初期の曲で、シェラフィータという曲、番外編として一度聞いてみてください

投稿: gitane | 2013-09-12 10:58

コメントありがとうございます!

試聴してみました。
うーん、サビにちょっと面影がないこともないか、という感想です。
島田奈美の大胆さに比べれば偶然レベル?(笑)

投稿: nakamura8cm | 2013-09-17 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208543/29274987

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス:

« ⑨´「MAUVE」MIKI fr CREOLE(1994)CDミニアルバム | トップページ | 25番 「フライデー・ナイト・ファンタジー」 ピエール・ポルト・オーケストラ(1994)CDアルバム »