« ELSAの新オフィシャル・サイト | トップページ | 「SOMETHINGは女の子のジーンズです」~YouTube探訪~ »

2008-01-28

24番「Pure Voice ~J-COVER~」V.A. (2008)CDアルバム

早いもので今日で2周年。この記念日に、新作。しかも初登場アーティスト!

一十三十一(ひとみ とい)による最新トンバパ・カヴァーは、オムニバス盤「ピュア・ヴォイス」に収録。サブタイトルに「J-COVER」とあるように、70~80年代のいわゆるJ-POPを、7人のアーティストがカヴァーした企画アルバムだ。

2008年1月16日、YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.(吉本興業のレーベル)から、定価2625円。
Fi2600848_1e_2

「彼と彼女のソネット」は8曲目。
歌うは一十三十一。わざわざ「*studio session」と但し書きがついている。一発録りってこと?
クレジットが気になるので書いておく。

作詞:LEVY CATHERINE MYRIAM, WARGNIER REGIS MARIE HUBERT、訳詞:大貫妙子
作曲:ROMANO MUSUMARRA

作曲はいいとして、大貫さんは「訳詞」ではなく日本語詞が正しい。作詞者の名前がオリジナル7インチと微妙に異なる(そして名前が長くなってる)。フル・ネームなのか。

Sound Produced by Yasuhiro Takano, A. G.:Hironori Akiyama

一十三さんはアコギ一本をバックに丁寧に歌う。大貫フォロワーと言ってもいい?大貫さんより少しテクニシャンのようだけど、歌い方は相当影響受けているようだ。TV番組でいつも通りをふたりで歌っていたりするし。もちろん、詞は大貫エディットであった。

Fi2600848_2e


初登場にしては新鮮味が薄いともいえる。大貫さんみたいに歌うなら、大貫さんのほうが優れている、と身もフタもないことを思ったりもする。でも、悪くはないよ・・・

一十三さんはもう一曲、久保田利伸の「You were mine」をやってる。ほかもすべて女性アーティストによるカヴァー曲が並ぶ。櫛引彩香の「そして僕は途方に暮れる」なんて、少し期待させるものがあったのだけど、今ひとつ。全体に安直な感じが漂っていて、やっぱ「J-COVER」なんてタイトルの時点でダメなのかもねえ。

Fi2600848_3e


« ELSAの新オフィシャル・サイト | トップページ | 「SOMETHINGは女の子のジーンズです」~YouTube探訪~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208543/29274991

この記事へのトラックバック一覧です: 24番「Pure Voice ~J-COVER~」V.A. (2008)CDアルバム:

« ELSAの新オフィシャル・サイト | トップページ | 「SOMETHINGは女の子のジーンズです」~YouTube探訪~ »