« ⑯「ピュア・アコースティック」大貫妙子(1996)CDライブ・アルバム | トップページ | ⑱「不意打ち」宮村優子(1997)CDアルバム »

2006-06-03

⑰「FLOWERS」原田知世(1997)ベストアルバム

知世ちゃんもこれで最後か・・・

アイドル期、慶一期、そしてトーレ・ヨハンソン期へ歌い継がれるトンバパ、これが今のところ原田知世最新ヴァージョン。90年代の知世ちゃんの最大のヒットアルバムでもある。
1997.9.18、FOR LIFEから2200円、

ベストアルバムとしては極端に曲数が少なく、7曲入り。「clover」(1996)と「I could be free」(1997)の2枚のアルバムから5曲と、名作シングル「シンシア」、そしてこのベスト盤のための未発表トラックが、T'EN VA PAS (Tambourine Mix Version)だ。


Fi2599933_0e

T'EN VA PAS (Tambourine Mix Version)は3曲目で、4分17秒。フランス語詞。
鈴木慶一「カコ」ヴァージョンと全然違う印象だが、実はヴォーカルトラックは同じみたい(Tambourine “Mix”だしね)。全部生音に聴こえる。柔らかいフルートが、いかにもタンバリンな音。

このアルバム、マキシでよく見る薄型プラケースに入っているので、中古屋ではよくシングルのコーナーに置かれている。実はこれ、古本屋で52円で買いました。持ってる人は皆知っていることだが、表ジャケットの両側の花は透明シートに印刷されている。知世ちゃんの写真と重ねると不思議な立体感がある。


Fi2599933_1e

こちらは「TRIPLE "W"」と題されたサンプル盤。
原田知世、中谷美紀、杏里の女性ヴォーカリスト3人のプロモーションのため、それぞれのニューアルバムから4曲ずつを収録している。
知世ちゃんは「FLOWERS」から、シンシア、ロマンス、T'EN VA PAS(Tambourine Mix Version)、100 LOVE-LETTERSの4曲。
中谷の名曲「いばらの冠」も入っていて、なんだかお得な気分。

これは、以前紹介した⑨「彼と彼女のソネット」(クレオール)をAmazonで購入した時、売ってくれた人がオマケでつけてくれた。ありがとうございました。

大雑把には3つのアレンジで、7回登場というのはもちろん当ブログ記録。
さらば知世ちゃん。


Fi2599933_2e


« ⑯「ピュア・アコースティック」大貫妙子(1996)CDライブ・アルバム | トップページ | ⑱「不意打ち」宮村優子(1997)CDアルバム »

コメント

ぁー、これってMIXだから、新録じゃないんですね。ジャケットがお洒落ですよね。私はレンタル落ちで200円くらいでした。

投稿: マカロン | 2007-09-02 18:28

そうなんですよ。ちょっと聴いただけでは新録と思っちゃうほど、大きく違うヴァージョンなのですが、『カコ』ヴァージョンのヴォーカルを使用しているようです。バックはすべて新録と思います。

投稿: nakamura8cm | 2007-09-04 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208543/29274979

この記事へのトラックバック一覧です: ⑰「FLOWERS」原田知世(1997)ベストアルバム:

« ⑯「ピュア・アコースティック」大貫妙子(1996)CDライブ・アルバム | トップページ | ⑱「不意打ち」宮村優子(1997)CDアルバム »