« ⑨「彼と彼女のソネット」クレオール(1994)CDアルバム | トップページ | ⑪「哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」エルザ(1994)8cmCDシングル »

2006-04-03

⑩「シャントン・ラ・ムール」ナタリー(1994)CDアルバム

これは・・・何だろう?
仏語表記は「chantons l'amour/nathalie」1994.2.21リリース。
⑧と⑨の3日後!わずか3日の間に3枚も出てるってスゴイ。
定価2800円、日本コロムビア株式会社から発売。

プロデューサーはTakashi"Gitane”Yoshinagaというおそらく日本人。他にもミュージシャン・クレジットはリズム隊以外は日本人だし、どうも日本の企画盤みたい。自分でもなぜこれを持っているのか不思議。神のお導きか・・・
恒例の帯コピー。「エドウィン/サムシングTV-CFでも評判の話題曲[哀愁のアダージョ]
日本盤のみのボーナス・トラック[シャントン・ラ・ムール]日本語ヴァージョンを収録。」
まずツッコんでおかなければならないのは、「哀愁のアダージョ」。ここだけのミスプリかと思いきや、インナースリーブでも「哀愁」で統一されていた。まあ、哀愁でもいいか。タイトルソングの、井上大輔作曲「シャントン・ラ・ムール」はシングルカットされていた模様。なんか聴いたことあるような・・・CMタイアップかな?「日本盤のみの」と言われると海外でもリリースされていたように聞こえるが、どうなんだろう。ちょっと厳しいのではないかと思うが・・・
ついでに帯裏も。「PARIS・TOKYO・NEW YORKをつなぐ音楽の喜び!フレンチ・アメリカン・ボーカリスト、ナタリー待望の1stアルバム。あのココナッツがコーラスで参加!!」
このシンガーがフレンチ・アメリカンであることが分かった。「あのココナッツ」って誰なんでしょ?


Fi2423063_0e

「T'EN VA PAS」は10曲目。次の曲はボーナス・トラック(シャントン・ラ・ムール日本語版)なので、実質的にはラスト・ナンバーだ。5分37秒と長いヴァージョン。編曲はAll songs arranged by Kenji Ikeda、ただし書きとして、Exept "T'en Va Pas” original arrangement by Romano Musumarraの記載がある。つまりアレンジはほぼオリジナルのままですよ、とわざわざ表明しているわけだ。まあ、表記のとおり、オリジナルに忠実なアレンジ。帯の宣伝文句も、うがった見方をすればカヴァーという情報をあえて回避したようにも取れる。つまりオリジナル・ヴァージョンが当時入手困難であったのをいいことに、コピーをオリジナルに見せかけて販売しようとしたフシがあるような・・・きっとシンガーや現場のミュージシャンにはそこまでの意識はなかったと思うが。

肝心の歌だが、線が細いというか、印象が薄すぎる。悪く言えばスーパーのBGMみたいに聞こえてしまう。


Fi2423063_1e

アルバムはほとんどカヴァー曲で、ダスティ・スプリングフィールドやスティーヴィー・ワンダーのカヴァーも収録されている。その中で、帯でプッシュされているのはシングル曲と「T'EN VA PAS」なのだから、昔で言えば「トンバパ本命盤」(仏語上手だし)みたいな意識が売り手にはあったのだろう。

音源としてはややショボイが、初めてtomoyo Sound Cafe内「T'EN VA PAS」にはないネタでした。

Fi2423063_2e


« ⑨「彼と彼女のソネット」クレオール(1994)CDアルバム | トップページ | ⑪「哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」エルザ(1994)8cmCDシングル »

コメント

キング担当はイタリアン・マニアのK氏。様々な事情で,エルザの音源が切れていてたこともあり,このカバー企画にもかなり協力。だからアレンジもほぼ本命版と同じ。ようはCMでかかつてるのに売り物がないのはつらい。エルザの再契約には時間がかかる。そんな業界の都合もあり、つなぎ的話題作りのためもあり第一興商のCMを歌つてたナタリーのアルバム制作してた友人のgitane氏に相談これをとりあげたという。タイトルも2人で考えたようです。ココナツツというのは米米CLUBがお手本にしてたKid creole the coconutsというNYのグループのメンバー,このナタリー版が店頭でかなりガンバつたこともあり、K氏は宣伝費をかなり圧縮したにもかかかわらず本命版をかなりセールスしたそうですよ。ナタリーはその後、古内東子のカバーアルバムなんかもだしてます。今はパリ在住。

投稿: michi | 2006-04-11 12:08

コアな情報ありがとうございます。業界の方でしょうか。当時の事情が手に取るように分かり、感激です。しかし、キングの担当者がコロムビアのレコード制作に口を出し、しかもその曲が目玉商品になってしまうなんてのはOKなんでしょうか?音楽業界ではそれくらいは普通なんでしょうか。ココナッツはそうか、キッド・クレオールですか!気がつきませんでした。ナタリーその後まで・・・くりかえしありがとうございます。そして忘れちゃいけない、初コメント、ありがとうございました!

投稿: nakamura8cm | 2006-04-11 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208543/29274971

この記事へのトラックバック一覧です: ⑩「シャントン・ラ・ムール」ナタリー(1994)CDアルバム:

« ⑨「彼と彼女のソネット」クレオール(1994)CDアルバム | トップページ | ⑪「哀しみのアダージョ(彼と彼女のソネット)」エルザ(1994)8cmCDシングル »