« ①「T'EN VA PAS」 ELSA(1986) オリジナルフランス盤7インチ | トップページ | ③「彼と彼女のソネット」原田知世(1987)7インチ »

2006-02-05

②「哀しみのアダージョ」 ELSA (1987) 日本盤7インチ

日本盤。1987年5月21日、キングレコードから発売。定価700円。

内容は当然、前回紹介のフランス盤と同じ。
ジャケットデザインもほぼオリジナルを踏襲し、日本語タイトルを入れただけ、と言ってもよい。
「哀しみのアダージョ」って邦題はどうだろう?なんか映画についてる邦題の影響を感じるタイトル。まあ、映画のテーマ曲なのでこんなカンジでいっとく?的なノリだったのだろう。直訳で「行かないで」だと演歌(あるいは舘)みたいだし、そのまま「トンバパ」じゃドドンパみたいだし・・・

右上のコピー。
「エルザ、君はあまりにもアンニュイ
こわれてしまいそうな硝子のまなざしが愛らしくて・・・・・・。」
各自ツッコんどいて下さい。

そして、レンタル落ちの証し、レンタルシールもバッチリ。

Fi2262843_0e

ジャケ裏。解説と歌詞。
日本盤の7インチシングルの多くはレコード会社の名前の入った紙の中袋に、同じサイズの紙ペラ一枚のジャケットが付いて透明ビニールに入れて売られていた。

で、これがそのジャケット紙の裏側。右半分にフランス語歌詞とその対訳(なぜか訳者の記載なし)、左にはいわゆるライナーノートが書かれている。

ニッポン放送入江たのし氏による解説。
「透明という色は一体何色なのだろう・・・」とポエティックに始まる文章は、前半分は必要ない。後半に映画「La femme de ma vie」のストーリー紹介、劇中でジェーン・バーキンとエルザ(親子の設定)がこの曲を歌っている、という情報が書いてある。この時点では映画の邦題の記載がない。まだ決まっていなかったようだ(日本公開も?)。映画については、いずれ。
「去年の暮れからフランスではチャートを独走。」と大雑把な情報に続き、「1987年のポップス界最大のヒット曲がここに誕生したと言っても過言ではないだろう。」と常套句で〆。

曲のタイムがA面(3:54)、B面(4:48)とフランス盤より微妙に長いカウントになっているが、理由は不明。

Fi2262843_1e

レーベル。
赤いです。

「キングの洋楽」と真ん中に覗いているのは、レコード袋。

Fi2262843_2e


« ①「T'EN VA PAS」 ELSA(1986) オリジナルフランス盤7インチ | トップページ | ③「彼と彼女のソネット」原田知世(1987)7インチ »

コメント

たどり着いてしまいました。この曲は、86年の暮れフランスでヒットしているのを聴いて、映画のサントラだと知り、CARREREレーベルの担当だった、キングの某氏(現在はAORの大御所として活躍中)とフジパシフィック音楽出版に話を持っていき、ワンショット契約でリリースすることになったという思い出深い曲です。映画の劇中歌ですから、ほとんど情報もなく、デビューしたばかりの子役の彼女についても、資料はないまま、ライナーを書いたので赤面の至り。実はフランスで12インチのアナログ版を、その後購入しました。それは英語バージョンとかエクステンデッド・リミックスなんていうのも入っています。英語バージョンは歌詞に「ディズニーランドに連れてってくれる約束なのに」という下りになっていて!?。

投稿: 入江たのし | 2007-03-14 22:24

なんと!入江さんご本人から・・・恐縮です。あ、やっちゃった!って感じです(冷汗)。失礼をお許しください。12インチには英語版、エクステンデッド・リミックスが入ってたんですね。英語版はこのブログで紹介した⑲に入っていますが、エクステンデッド・リミックスが⑫収録のDISCO MIXと同じものなのかどうかが気になるところです。かえすがえすもコメントありがとうございました!

投稿: nakamura8cm | 2007-03-22 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1208543/29274963

この記事へのトラックバック一覧です: ②「哀しみのアダージョ」 ELSA (1987) 日本盤7インチ:

« ①「T'EN VA PAS」 ELSA(1986) オリジナルフランス盤7インチ | トップページ | ③「彼と彼女のソネット」原田知世(1987)7インチ »